コンプレックス解消

顔が大きい事に、コンプレックスを感じている方は、少なくありません。
顔自体の大きさはメイクで変える事が難しい為、コンプレックスとなりえます。
マッサージやダイエットなどの、自己流のケアで顔を小さく出来ないという場合、美容整形を考えてみましょう。
美容外科では様々な手術が行われていますが、小顔へと変えてくれる手術も、数多く行われています。
例えば、エラ部分の骨が張っていて大きいという場合は、骨を削る手術が有効です。
骨自体を削る事により、確実に顔を小さくする事が出来るのです。
また、削る部分を変える事により、顔の長さ自体を短くしたり、顎をとがらせる事が出来るなど、見た目の印象を大きく変える事も可能となっています。

小顔になれる美容整形には、様々な種類が行われています。
以前、顔を小さくする為にはエラなどの、骨を削る手術が一般的でした。
この手術法は骨自体を削る為、見た目の印象を大きく変える事が出来ますし、小顔効果も半永久的にキープ出来ます。
しかし、骨を削ったり皮膚を切開・縫合するという事もあり、どうしても手術後には腫れや痛みがつきものでした。
ですので、簡単に受けられる手術では無かったのですが、最近はより手軽に小顔へとなれる、プチ整形が誕生しています。
ボトックス注射は、顔を小さくできるプチ整形として、特に人気の高い治療法です。
筋肉の動きを抑制する薬剤を、エラ部分の筋肉に注入する事により、顔をシャープにする事が出来ます。
このように、メスを使う手術と使わないプチ整形、どちらでも小顔効果のある治療が行われている為、自分にあった治療法を選択しましょう。